05, 05, 2020

絶対食べたいオーストラリアのチョコレート5種!- 在豪 美魔女のおススメをご紹介

みなさんは「ロッキーロード」というチョコレートをご存じでしょうか。
オーストラリア発祥らしい(?)チョコレートにマシュマロやナッツが入っている見た目ゴツゴツのすごい迫力のチョコレート!オーストラリアで初めて見たときはその大きさと派手さに驚きました。そうなんです。オーストラリア人は子供から大人までチョコレートが大好き!スーパーマーケットにはずらーっとならぶチョコレート、そしてお土産やギフトに喜ばれる高級チョコレートもあります。
今回はオーストラリアで絶対食べたいチョコレート5つをご紹介します。

【ヘイグス】歴史を感じる老舗のチョコレート屋さん

1915年にアデレードでオープンした家族経営のオーストラリア老舗のチョコレート屋さん。
現在はアデレード、メルボルン、シドニー、キャンベラ、オンラインの20の店舗で販売されています。世界中のプランテーションから調達したカカオ豆を使用したプレミアムチョコレート。
トリュフ、ルーズチョコレート、板チョコ、バー、カエルの形をしたチョコレートまで250種類以上、フルーツがチョコレートでコーティングされている商品はオープン当初から変わらず製造販売されているもののひとつ。チョコレートは1つでも購入可です。
老舗の貫禄は味だけではありません、チョコレートを包装するギフトボックスも箱、缶ケースなどかわいいものが多く、店内の雰囲気もこだわりが出ていて高級感があります。お値段も老舗の貫禄ですが、大切な人へのギフトにピッタリです。
季節によってチョコレートにぬいぐるみやマグカップと一緒になったギフトボックスなども販売しています。
 

【KOKO BLACK(ココブラック)】こだわりのオーストラリア産
2003年メルボルンのロイヤルアーケードで第一号店がオープンしたオーストラリアの高級チョコレートのお店。
創業者は豆を使ってチョコレートを作る方法をドイツで学び、その後ベルギーで後にココブラックのチョコレート作りの開発をお手伝いする熱心で才能のあるチョコレート職人に出会ったのがココブラックの始まりでした。現在はメルボルン、アデレード、パース、キャンベラにもお店があります。
オーストラリア産という事に誇りを持っておりタスマニア産のレザーウッドのはちみつやオーストラリア産のナッツなど地元の食材を使うようこだわりをもっており、その種類は100以上。
そして包装に使われているパッケージがカラフルでおしゃれ。ギフトやお土産に喜ばれます。
お子様用に缶のペンケースの中にコアラやカンガルーの形をしたチョコレートや、熊の形をした棒がついているチョコレートなどもあり、これ、大人でももらったら十分嬉しいです。
また、チョコレートとチョコレートの間にいろいろなフレーバーが挟まっている”IN BETWEENS"ハニーコンボやマシュマロ、ナッツなどがあります。
どこもこれも欲しくて迷ってしまいます。
【PANA ORGANIC (パナオーガニック)】オーガニックチョコレート

今やだれでも気になる健康志向。パナオーガニックは精製糖を含まないビーガンのオーガニック食材を使用して製造されているメルボルン発のチョコレート。
オーガニックの環境で栽培されたカカオなど厳選された食材は製造にもこだわりがあり、高い栄養価を維持するため温度が42度を超えないようにして作られているのだとか。100%植物性、グルテンフリーのオーガニックチョコレートです。パッケージも植物性のインクで印刷され、接着剤も植物性! 完璧です。体にも地球にも優しいチョコレート。
乳製品を使わないアイスクリームや、パンに塗るスプレッドなども取り扱っています。
アレルギーやビーガンの方でも安心です。創設者の「誰でも食べられるLoveが込められた美味しいチョコレート」の言葉、響きますね。食べてみたら丁寧に作られているってわかりますよ。
決してどぎつくない上品な甘さ。普段チョコレートをあまり食べない人でもきっと好きになります!
そして大手スーパーマーケットのオーガニック食品のコーナーで買う事ができるのも嬉しい!

よりどりみどり!【スーパーマーケットのチョコレート】
ARNOTT'S(アーノッツ) / CADBURY(キャドベリー)/ Lindt (リンツ)/Nestle(ネスレ)
スーパーマーケットで買えるチョコレートのメーカー。

・ARNOTT'SのTIMTAM(ティムタム)は代表作!こちらはチョコレートビスケットですが、板チョコも種類が結構あります。
・CADBURYはDairy Milk(デイリーミルク)という板チョコが有名。フレーバーの多さに驚かされます!細長いチョコレートバーもあります。
・Lindt(リンツ)は日本でもおなじみですが、オーストラリアの方が安く買えるようです。
・Nestle(ネスレ)は日本でもおなじみKit Kat(キットカット)などなど。

スーパーマーケットの板チョコ売り場は思わずうれしくなってしまいそうな種類の多さです。
そして、板チョコの大きさ、さすがオーストラリア、大きいですよ!日本では売っていないフレーバーやデザインもあります。また小分けができる袋入りのものもあるので、お友達へのお土産はこれで決まりですね。


【TIMTAM (ティムタム)】オーストラリアのお土産と言えば!
だれもがオーストラリアのお土産と言えばTIMTAMと答えるほど有名なお菓子。
オーストラリアのアーノッツ・ビスケット社が1963年から製造・販売しているチョコレートビスケット。オーストラリア以外では、ニュージーランド、ニューカレドニア、アメリカ合衆国、カナダ、日本、スウェーデン、インドネシアなどで販売されているぐらい皆に知られています。
ビスケットに色々なフレーバーのクリームを挟み、全体をチョコレートでコーティングしたもの。
意外にもその商品名は、創業者の1人が1958年に米国でケンタッキーダービーを観戦した際優勝した
サラブレッド競走馬「ティムタム」(23勝し殿堂入りした)から名付けられたんですって。
オリジナルのフレーバーから始まり、次々に新しいフレーバーが発売されていますよ。

沢山ある中から是非お気に入りのチョコレートを見つけてくださいね。

オーストラリア人気TOP10

日本宅配

コアラ基金でコアラ保護支援に参加!
なめらかな口どけのミルクチョコを、コアラの家族のユニークなパッケージに詰めました。
 

¥8,337
現地受け取り
¥12,506
現地受け取り

オーストラリア限定マンゴー味のコアラのマーチ!個包装で配るお土産にもぴったり。
あの特徴的な六角形をアレンジした箱には、個包装のものが7袋入っています。
コアラはオーストラリアを代表する動物の一種でもあり、コアラに会うことを楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。コアラのマーチ(他ロッテの商品)の売り上げの一部は、かわいいコアラたちを守る「オーストラリア・…

¥1,197
現地受け取り

オーストラリアのカンガルー島で生産されている免疫力と抗菌作用に優れたリグリアンハニーをふんだんに使っている人気美容アイテムが豊富なMaine Beach。

やさしいブラッドオレンジの柑橘系とバニラの香りで、ビタミンⅭが豊富なカカドゥプラムが配合された全身に使える大容量ボトルです。

¥3,081