ビサヤ語
02, 10, 2020

【セブ ビサヤ語講座】セブ旅行をもっと楽しめる!シーン別ビサヤ語フレーズ13選

日本に旅行に来ている外国人の方に、「コンニチハ」「アリガトウ」といった言葉をかけられるとなんだか嬉しい気持ちになりますよね。同じように海外旅行に行く前に現地の言葉を少し覚えていくだけで、旅行中に出会った現地の人に喜んでもらえますよ!今回はフィリピンで使われている言語と旅行中に使えるシーン別ビサヤ語フレーズ集についてご紹介します。

フィリピンでは100を超える言語が使われている

フィリピンの島

フィリピンには7,000を超える島があり、そのうち1,000以上の島には人が住んでいます。また長い間スペインの統治下にあったという歴史から、スペイン語になじみの深いフィリピン人も多かったりします。こういった地理的、歴史的な理由から、フィリピンでは現在でも100を超える言語が使われているのです。英語は公用語とされているので、ほとんどすべてのフィリピン人は英語を話すことができますが、実際にはフィリピン人同士の会話はローカルの言語で行われています。

主要な都市間にも言語の違いがあり、例えばフィリピンの首都マニラではタガログ語が使われていて、観光地として有名なセブではビサヤ語が使われています。セブに旅行にいくならビサヤ語を少し覚えておけば、現地のフィリピン人と仲良くなれますよ!では早速、旅行中に使えるシーン別ビサヤ語13フレーズをご紹介します。

初対面で使えるビサヤ語フレーズ

初対面で使えるビサヤ語フレーズ

maayong buntang(マアヨン ブンタン) おはようございます
maayong hapon(マアヨン ハーポン) こんにちは
maayong gabii(マアヨン ガビイ) こんばんは

挨拶に共通して使われているmaayong(マアヨン)は英語でいうGoodにあたります。それに続けて、buntang(ブンタン)は朝、 hapon(ハポン)は昼、 gabii(ガビイ)は夜をくっつけるだけです。英語の挨拶と同じ構成なので簡単ですね!

Kumsta ka?(コムスタ カ) 元気ですか?

英語のHow are you?にあたるものです。欧米文化と同じように挨拶の後に続けて使われることが多いです。

salamat(サラマッ) ありがとう

なにか助けてもらったり、サービスしてもらったときにはビサヤ語でお礼を言ってみましょう。特に感謝を伝えたいときはKaayo(カーヨ)を加えて、salamat Kaayo(サラマッカーヨ)となります。

ショッピングで使えるビサヤ語フレーズ

ショッピングモール

Tagpila ni? (タグピラ ? それは高すぎます!
Unsa ka mahal ni!(ウンサ カ マハルニ) これはいくらですか?
Naay discount(ナァイ ディスカウント?) 値下げしてくれますか?

商品に値札のついていないようなローカルのお土産屋さんで買い物するときは、値段交渉にも挑戦してみましょう。初めは観光客プライスで少し高めの値段をふっかけられることもあるので、値下げして欲しいと言えば、けっこう簡単に安くしてくれます!

Asa +(場所)?(アサ+ ○○?) 〇〇はどこですか?

セブのショッピングモールはかなり大きいので、行きたいお店や商品を見つけるのがなかなか大変です。特にSMシーサイドは東京ドームの10倍に匹敵する大きさという超巨大ショッピングモール!ショッピングの時間内にお土産を買うことができなかった・・なんてことにならないように、道に迷ったらどんどん道を尋ねてみましょう。○○の部分に場所や探し物をいれるだけで、どこにあるのか聞くことができます。

Asa CR?(アサ シーアール?) トイレはどこですか?

巨大なショッピングモールの中ではトイレを見つけるのも一苦労。フィリピンではショッピングモールのトイレでもトイレットペーパーがついていないところが多いので、常にカバンの中にポケットティッシュを入れておくことをお忘れなく。※フィリピンではトイレを『CR』と呼びます。

Asa dry mango?(アサ ドライマンゴー?) ドライマンゴーはどこですか?

スーパーの中で目当ての商品を探しているときにも使えます。セブのお土産といえばやっぱりドライマンゴーは外せませんね。

レストランで使えるビサヤ語フレーズ

フィリピンのレストラン

Unsa imong marekomenda? (ウンサ イモン マレコメンダ) おすすめは何ですか?
Lami kaayo(ラミ カアヨ) おいしい
Subaya palihug(スバヤ パリホッグ) お会計お願いします

旅の楽しみのひとつは現地の美味しい料理を食べることですよね。人気のメニューを頼みそびれないように、まずは店員さんにおすすめを聞いてみましょう。ちなみに、日本ではお会計のハンドサインとして使われる×マークはセブでは通じません。セブでは人差し指と親指で長方形を表現します。

ビサヤ語で現地の方々に話しかけてみましょう!

旅行中に使えるシーン別ビサヤ語フレーズ集いかがでしたでしょうか?明るくフレンドリーなフィリピン人ですから、ちょっと勇気を出して話しかけてみると話も弾み、より楽しい素敵な旅になるはずです。皆さんがまたセブに来られる日がすぐに来ますように。